治験FAQ(よくある質問)

◇ インデックス ◇

1.治験とは?
2.治験はなぜ必要か?
3.治験と人体実験の大きな違いは?
4.治験が人体実験とならない為の必要条件
5.治験の段階
6.治験は誰でも参加できるのか?
7.治験はどこで実施されているのか?
8.治験に参加する方法1。入院/通院中の医療機関
9.治験に参加する方法2。新聞/テレビ等
10.治験に参加する方法3。インターネット
11.治験を受けるメリットは?
12.治験を受けるデメリットは?
13.治験は安全か?副作用は出ないのか?
14.副作用が出た場合の補償は?
15.副作用を防ぐために(その1)
16.副作用を防ぐために(その2)
17.副作用を防ぐために(その3)
18.副作用を最小限にとどめる為には?
19.治験薬は効果があるのか?
20.プラセボとは?
21.なぜ、プラセボを使うのか?
22.プラセボは倫理的に問題があるのでは?
23.プラセボとインフォームドコンセント
24.プラセボが用いられる場合は?
25.プラセボに当たる確率は?
26.プラセボであるかどうかなぜ教えないのか?
27.治療費はかかるのか?
28.治験を受けたらお金(謝礼)をもらえるのか?
29.謝礼に税金はかかるのか?
30.治験への参加を断っても、その後の治療に影響しないか?
31.インフォームドコンセントとは?
32.治験の途中で辞めることはできるか?
33.自分の主治医で見てもらいたいのだが?
34.主治医に治験への参加を相談したら反対された。
35.治験審査委員会(IRB)
36.治験参加者のプライバシーは守られるのか?
37.第T相試験で健康な成人を用いるのはなぜか?

←治験ナビ・フレームトップページ