4.本ガイドラインの対象となる「個人情報」の範囲

 法令上個人情報」とは、
 生存する個人に関する情報であり、
 個人情報取扱事業者の義務等の対象となるのは、
 生存する個人に関する情報に限定されている。

 本ガイドラインは、
 医療・介護関係事業者が保有する
 生存する個人に関する情報のうち、
 医療・介護関係の情報を対象とするものであり、
 また、
 診療録等の形態に整理されていない場合でも
 個人情報に該当
する。

 なお、当該患者・利用者が死亡した後においても、
 医療・介護関係事業者が
 当該患者・利用者の情報を保存している場合には、
 漏えい、滅失又はき損等の防止のため、
 個人情報と同等の安全管理措置を講ずる
ものとする。

▲Top

← 戻る             |             進む →

目次に戻る

←治験ナビ・トップページ
←健康ナビ・トップページ