12.認定個人情報保護団体における取組

 法第37条においては、

 個人情報取扱事業者の個人情報の適正な取扱いの確保
 を目的とする業務を行う法人等は
 主務大臣の認定を受けて
 認定個人情報保護団体となることができること

 とされている。

 認定個人情報保護団体となる医療・介護関係の団体等は、
 傘下の医療・介護関係事業者を対象に、
 個人情報保護に係る普及・啓発を推進するほか、
 法の趣旨に沿った指針等を自主的なルールとして定めたり、
 個人情報の取扱いに関する患者・利用者等のための
 相談窓口を開設するなど、
 積極的な取組を行うことが期待されている。

▲Top

← 戻る             |             進む →

目次に戻る

←治験ナビ・トップページ
←健康ナビ・トップページ