1.個人情報(法第2条第1項)

 「個人情報」とは、
 生存する個人に関する情報であって、
 当該情報に含まれる
 氏名
 生年月日
 その他の記述
 により特定の個人を識別することができるもの
 (他の情報と容易に照合することができ、
  それにより特定の個人を識別することができることとなるもの
  を含む。)
 をいう。

 「個人に関する情報」は、
 氏名、性別、生年月日等個人を識別する情報に限られず
 個人の身体、財産、職種、肩書き等の属性に関して、
 事実、判断、評価を表すすべての情報であり、
 評価情報、公刊物等によって公にされている情報や、
 映像、音声による情報も含まれ、
 暗号化されているか否かを問わない。

 また、例えば診療録には、
 患者について客観的な検査をしたデータもあれば、
 それに対して医師が行った判断や評価も書かれている。

 これら全体が患者個人に関する情報に当たるものであるが、
 あわせて、
 当該診療録を作成した医師の側からみると、
 自分が行った判断や評価を書いているものであるので、
 医師個人に関する情報とも言うことができる。

 したがって、
 診療録等に記載されている情報の中には、
 患者と医師等双方の個人情報という二面性
 を持っている部分もあることに留意が必要である。

 なお、死者に関する情報が、
 同時に、遺族等の生存する個人に関する情報でもある場合には、
 当該生存する個人に関する情報となる。

 本ガイドラインは、
 医療・介護関係事業者が保有する医療・介護関係個人情報
 を対象とする
ものであり、
 診療録等の形態に整理されていない場合でも個人情報に該当する

 (例)下記については、
    記載された氏名、生年月日、その他の記述等により
    特定の個人を識別することができることから、
    匿名化されたものを除き、個人情報に該当する。

    (医療・介護関係法令において
     医療・介護関係事業者に作成・保存が義務づけられている
     記録例は別表1参照)

 ○ 医療機関等における個人情報の例
   診療録、処方せん、手術記録、助産録、看護記録、
   検査所見記録、エックス線写真、紹介状、
   退院した患者に係る入院期間中の診療経過の要約、
   調剤録 等

 ○ 介護関係事業者における個人情報の例
   ケアプラン、
   介護サービス提供にかかる計画、
   提供したサービス内容等の記録、
   事故の状況等の記録 等

▲Top

← 戻る             |             進む →

目次に戻る

←治験ナビ・トップページ
←健康ナビ・トップページ