6.保有個人データに関する事項の公表等(法第24条)

(保有個人データに関する事項の公表等)

法第二十四条


  個人情報取扱事業者は、
  保有個人データに関し、
  次に掲げる事項について、
  本人の知り得る状態
   (本人の求めに応じて遅滞なく回答する場合を含む。)
  に置かなければならない。

 一 当該個人情報取扱事業者の氏名又は名称

 二 すべての保有個人データの利用目的
     (第十八条第四項第一号から第三号までに該当する場合
      を除く。)

 三 次項、
    次条第一項
    第二十六条第一項又は
    第二十七条第一項若しくは第二項
    の規定による求めに応じる手続
    (第三十条第二項の規定により手数料の額を定めたときは、
     その手数料の額を含む。)

 四 前三号に掲げるもののほか、
    保有個人データの適正な取扱いの確保に関し必要な事項
    として政令で定めるもの

▲Top

2 個人情報取扱事業者は、
  本人から、
  当該本人が識別される保有個人データの利用目的の通知
  を求められたときは、
  本人に対し、
  遅滞なく、これを通知しなければならない。

  ただし、
  次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。

 一 前項の規定により
    当該本人が識別される保有個人データの利用目的
    が明らかな場合

 二 第十八条第四項第一号から第三号までに該当する場合

▲Top

3 個人情報取扱事業者は、
  前項の規定に基づき
  求められた保有個人データの利用目的
  を通知しない旨の決定をしたときは、
  本人に対し、
  遅滞なく、その旨を通知しなければならない。

▲Top

(保有個人データの適正な取扱いの確保に関し必要な事項)

令第五条

 法第二十四条第一項第四号の政令で定めるものは、
 次に掲げるものとする。

 一 当該個人情報取扱事業者が行う保有個人データの取扱い
    に関する苦情の申出先

 二 当該個人情報取扱事業者が
    認定個人情報保護団体の対象事業者である場合にあっては、
    当該認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申出先

▲Top

【法の規定により遵守すべき事項等】

 ・ 医療・介護関係事業者は、
  保有個人データに関し、

  (ア)当該個人情報取扱事業者の氏名又は名称

  (イ)すべての保有個人データの利用目的
      (法第18条第4項第1号から第3号までに規定された例外
       の場合を除く)、

  (ウ)保有個人データの利用目的
     通知、開示、訂正、利用停止等の手続の方法
     及び
     保有個人データの利用目的の
     通知又は開示に係る手数料の額

  (エ)苦情の申出先等について、
     本人の知り得る状態
      (本人の求めに応じて遅滞なく回答する場合を含む)
     に置かなければならない。

 ・ 医療・介護関係事業者は、
  本人から、
  当該本人が識別される保有個人データの利用目的の通知
  を求められたときは、

  上記の措置により
  利用目的が明らかになっている場合及び
  法第18条第4項第1号から第3号までの例外に相当する場合
  を除き、
  遅滞なく通知しなければならない。

 ・ 医療・介護関係事業者は、
  利用目的の通知をしない旨の決定をしたときは、
  本人に対し、
  遅滞なく、その旨を通知しなければならない。

 ・ 法施行前から保有している個人情報についても
  同様の取扱いを行う

▲Top

【その他の事項】

 ・ 医療・介護関係事業者は、
  保有個人データについて、

  その利用目的、開示、訂正、利用停止等の手続の方法及び
  利用目的の通知又は開示に係る手数料の額、
  苦情の申出先

  等について、

  少なくとも院内や事業所内等への掲示、
  さらにホームページ等により
  できるだけ明らかにするとともに、

  患者・利用者等からの要望により書面を交付したり、
  問い合わせがあった場合に
  具体的内容について回答できる
  体制を確保する。

▲Top

← 戻る             |             進む →

目次に戻る

←治験ナビ・トップページ
←健康ナビ・トップページ