アライアンス(alliance)

  企業同士の「戦略的提携」のこと。

  企業の連合、連携、同盟。

  製薬業界におけるアライアンスの種類は、
  主に次の5つに分けられます。

▲Top


アライアンス(alliance)

  製薬業界におけるアライアンスの種類は、
  主に次の5つに分けられます。

  (1)コスト削減のための提携

     例)他社からの製品導入 ・・・開発コストの削減

     製薬企業が一社で(自前で)、
     全ての疾患領域の製品を開発すること(フルライン化)は、
     時間的にもコスト的にも、まず不可能です。

     → パイプラン

     「選択と集中」によって
     ある程度ターゲットを絞り込まないと、
     時間やコストの無駄となり、
     効率的かつ効果的な研究開発ができません。

     そこで、自社開発する以外に、
     他社から有望な製品の販売権を得たり、
     技術提携をするなどのアライアンスが組まれるのです。

     新薬を一から自社開発しようとすると、
     開発候補品を医薬品として
     発売できるようになるまでに、
     非常に長い時間がかかります。
      (候補物質発見→非臨床試験・動物実験
       →臨床試験→審査→承認)
     当然コストもかかります。

     そこで、戦略的に重要な品目、
     大きな売上げが見込める品目だけに、
     会社の人的資源を投下して自社開発し、
     それ以外は、他社から導入によってするのです。

     候補物質の段階から導入する場合や、、
     承認された段階から導入する場合など、
     いろいろな方法があります。

      たとえ自社開発力のある企業でも、
     製品パイプラインをそろえるために、
     他社から導入することは頻繁に行われています。


     例)アウトソーシングの活用  ・・・人件費削減

       治験の過程で発生する、
       モニタリング、データマネジメント、QCなどの業務は、
       製薬企業内でもできます。
       しかし、一時的に業務量が増えた場合、
       人材を採用して固定費を増やすよりも
       CROにアウトソーシング(外注)した方が、
       変動費として処理できるので、
       結局得策だと考えれます。
        → CRO

       MRについても同様で、
       CSOにアウトソーシングすることにより、
       一時的な(短期間限定の)販売力増強が
       可能となります。
       → CSO

▲Top


  (2)時間節約のための提携

     新薬を一から自社開発しようとすると、
     開発候補品を医薬品として
     発売できるようになるまでに、
     非常に長い時間がかかります。
      (候補物質発見→非臨床試験・動物実験
       →臨床試験→審査→承認)

     また、何かの技術を開発する場合も同様です。

     戦略的な理由から、
     すぐに、パイプラインをそろえたり、
     技術やノウハウが必要な場合があります。

     他社から製品を導入したり、技術供与を受けるのは、     それを開発する時間をお金で買うことと同じです。

     もし、時間が無くて、資金に余裕があるならば、
     お金で解決するのが最も迅速かつ確実です。 

▲Top


   (3)リスク回避のための提携

     例)他社からの製品導入

     ・・・低い有効性、副作用発生などによる
        開発中止という開発リスクをとらずにすみます。

       開発候補品を医薬品として発売できる確率は、
       数万分の1と非常に低いのが現実です。

       それよりも他社から承認された医薬品を導入した方が、
       販売利益率は下がるものの(ライセンス料)、
       手っ取り早く、確実に安定した収益を得られます。 

▲Top


  (4)自社にない技術を獲得するための提携(弱みの補完

     例)他社からの技術導入

      ・・・自社で開発するのが技術的に困難な場合に、
        他社とライセンス契約を行い、
        高度な技術を導入することができます。

▲Top


  (5)シナジー効果(相乗効果)を発揮する為の提携

     例)特化・分業

       開発力のある企業と、販売力のある企業が、
       役割分担することにより、
       互いの強みを発揮することができます。

▲Top

〈 関連用語 〉

  → クロスライセンス 
  → コ・マーケティング
  → コ・プロモーション

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ