分子標的治療薬(target-based drug)

正常な細胞に対しても攻撃(作用)する
従来型の化学療法薬とは異なり、
特定の細胞にのみ選択的に攻撃(作用)する
新しいタイプの治療薬。

略して、分子標的薬 とも呼ばれます。

細胞の表面にある
遺伝子(分子)たんぱく質(高分子)によって、
ターゲットを見分けて攻撃(作用)するため、
「分子標的」という名がつけられています。

▲Top


分子標的治療薬(target-based drug)

分子標的治療薬は、
特に、抗がん剤の分野で有望で、
従来の抗がん剤投与で発現する、
正常な細胞をも攻撃してしまうことによる重篤な副作用
を防げると期待されています。

分子標的治療薬は、
抗がん剤の研究分野で発達してきた経緯があります。
正常な細胞が
癌化して無秩序に分裂・増殖していく仕組み
を解明する為の研究が日々世界中で行われており、
癌の増殖に
どのような因子やたんぱく質が関係しているか
について様々な知見が得られて来ています。

それを医薬品に応用したのが「分子標的治療薬」であり、
抗がん剤に限らず、
今後、「抗体医薬」と共に最も発展する医薬品
であるとして、
期待されています。

分子標的治療薬の代表的な医薬品に、
ノバルティスファーマの「グリベック」(慢性骨髄性白血病)
ロシュの「ハーセプチン」(乳がん)
アストラゼネカの「イレッサ」(非小細胞肺がん)
があります。

もっとも、分子標的治療薬は万能ではなく、
他の医薬品と併用すると効果が高くなる場合も
報告されています。

   → がんの分子標的治療─新しいがん治療の開発動向─
     (国立がんセンター研究所)

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 抗体医薬

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ