コ・マーケティング(Co-marketing)

複数(通常2社)の製薬企業にて、
医薬品を並行して販売(並行販売)すること。

別々のブランド名で、各社が独自に販売する
別商標2社併売型」の業務提携。

新薬を開発した販売チャネルが弱い企業(外資等)が、
販売力の強い企業(例えば日本国内製薬企業)
と提携することにより、
「一般名(成分名)」での市場シェアの獲得
を狙う戦略的提携(アライアンス)の1つ。

▲Top


コ・マーケティングのメリット

コ・マーケティングを実施することにより、
学会及び専門医・一般臨床医の
一般名(成分名)に対する早期認知度を向上させ、
製品への評価を早期に確立し、市場シェアを獲得すること
を目的としています。

販売提携した製薬企業も、
自社製品として製品パイプラインを補強できる
というメリットがあります。

▲Top

コ・マーケティングのデメリット

一方、
1商標2社共同販促型の「コ・プロモーション」に対して、
コ・マーケティングはブランド名が互いに異なるので、
販促の相乗効果が余り得られず、
一般名(成分名)の浸透率も低くなる
というマイナス面があります。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ アライアンス(戦略的提携)
→ コ・プロモーション
→ パイプライン(製品パイプライン) 
→ クロスライセンス
→ CSO

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ