コ・プロモーション(Co-promotion)

複数(通常2社)の製薬企業にて、
医薬品を並行して販促(並行販促)すること。
すなわち、
医療機関等への医薬情報活動(MR活動など)
を共同で実施すること。

販売はひとつのブランド名で片方の企業が担当し、
販促活動を両社共同でおこなう
1商標2社共同販促型」の業務提携。

新薬を開発した販売チャネルが弱い企業が、
販売力の強い企業(例えば日本国内製薬企業)
と提携することにより、
「ブランド名(製品名)」での市場シェアの獲得
を狙う戦略的提携(アライアンス)の1つ。

▲Top

コ・プロモーションの目的とメリット

コ・マーケティングを実施することにより、
学会及び専門医・一般臨床医の
ブランド名に対する早期認知度を向上させ、
製品への評価を早期に確立し、
市場シェアを獲得すること
を目的としています。

別商標2社併売型の「コ・マーケティング」に対して、
ブランド名が統一されているので、
販促の相乗効果が得られ、
ブランド浸透率も高くなります。

コ・プロモーションのパートナー企業は、
契約期間中、
コ・プロモーションフィーを受け取ることができます。

なお、コ・プロモーションのパートナーとしては、
ライバルの製薬企業よりも、
CSOを戦略的なマーケティングパートナーとする方が、
リスク面から安全だ
という意見もあります。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ アライアンス(戦略的提携)
→ コ・マーケティング
→ パイプライン(製品パイプライン) 
→ クロスライセンス
→ CSO

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ