クロスライセンス(cross license)

特許権を互い(クロス)に
ライセンス(実施権の許諾)すること。

所有する特定の物質・技術に関する特許について、
その使用権(実施権)を相互に認め合うこと。

▲Top

クロスライセンスのメリット

互いの企業が持つ特許の価値が等しい場合、
相手にロイヤリティを支払わずに済み
なおかつ、
製品パイプラインの補強、技術の補強ができる
というメリットがあります。

製薬企業間ではよく締結されるライセンス契約です。

さらに、互いに、
特許関係の申請・許諾等に関する事務手続きが
省略できる
ので、
製品の開発・製造の迅速化を可能にし、
コストも削減できる
というメリットがあります。

一般に、
多種の技術を複合的に用いる製造業では、
1つの製品の製造に対して、
複数企業の特許が絡む場合が多いので、
クロスライセンスの締結は、頻繁に行われています。

相手の足を引っ張り合うよりも、
協力した方が互いの利益になる

という戦略的提携(アライアンス)の1つです。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ アライアンス(戦略的提携) 
→ パイプライン(製品パイプライン) 
→ コ・マーケティング
→ コ・プロモーション

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ