EBM(Evidence-based Medicine)

EBM(イー・ビー・エム)とは、

英語の Evidence-Based Medicine
の頭文字を取った言葉で、
日本語に訳すと「科学的根拠に基づく医療」を意味します。

簡単に言えば、
治るという証拠がある薬(医療)を行う
という意味です。

今までは、個々の医師の
経験に基づく医療(Experience-based Medicine」を、
それぞれの医師の裁量で行っていましたが
それを改めて、今後は

科学的根拠のない、
経験や慣習や権威者の意見に基づく
治療法や予防法を排除し、

世界の研究者が行っている科学的研究結果
(臨床研究などの科学的データ)にもとづいた、
確かな科学的根拠(証拠)がある、
治療法、治療薬、予防法

を患者に対して処方していく

という事を意味します。

これを要約すれば、
EBMとは、
臨床研究などの科学的データをもとに、
患者にとって最も有益で害の少ない治療法
を選択する医療のことです。

特に、
人を対象とする科学的研究として、
最も科学的証拠としての質が高い方法である臨床試験、
中でも、
無作為化臨床試験(Randomized Clinical Trial)
による成果は、
EBMの中核をなすものとして位置づけられています。

▲Topへ

EBMの5段階のプロセス

EBMを実践する場合、その過程を

(1)問題の抽出定式化
(2)情報の収集・検索
(3)情報の批判的吟味
(4)患者への適用
(5)結果の評価

の5つのプロセスに分けることが出来ます。

日本ではこれまで、
「情報の収集・検索(2)」と「批判的吟味(3)」に
重点が置かれてきた傾向があり、
今後は「患者への適用(4)」に重点を置く必要がある
と言われています。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 疫学 
→ 薬剤疫学
→ 臨床疫学
→ 疫学研究
→ 疫学研究に関する倫理指針(2002年6月17日)
→ 疫学的調査 

→ コホート研究 
→ 大規模介入試験

→ 前向きコホート研究(前向き研究) 
→ 後ろ向きコホート研究 

→ 後ろ向き研究(レトロスペクティブ・スタディ)
→ 症例対照研究(ケースコントロール・スタディ)

→ 医薬品のライフサイクル 
→ 医薬品のライフサイクルマネジメント
→ 製品のライフサイクルマネジメント

→ 市販後調査とEBM
→ 市販後臨床試験
→ 市販後調査 
→ 特別調査 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ