<副作用は悪者か?>

一般に「副作用」と聞けば、嫌なイメージが浮かびますが、
本当は、必ずしも「悪者」とは限りません。

副作用とは、あくまでも
期待している作用以外のもの」であり、
体にとって好ましくない作用」を指す訳ではない
ということに注意してください。

確かに、
副作用(期待していない作用)が発現することによって、
患者によっては、
体調がより悪い状態になったり、
最悪な場合は死に至る
かもしれませんが、

その副作用が、別の疾患の患者にとっては、
素晴らしい「主作用」になり得る

という点が非常に重要です。

副作用が発現するかどうか、
その作用の種類は何であるか、
は個々の患者の疾患状態・遺伝子背景によって異なります。

→ 主作用

わざわい転じて福となす。

副作用転じて、主作用となす。

その薬の副作用が発見されたことによって
新しい効能がわかり、
画期的な治療薬となり得るのです。

今や有名なED治療薬のバイアグラは
まさし、その典型的な例と言えるでしょう。
そもそも、バイアグラは、
最初、狭心症の治療薬として開発されたのですが、
副作用としてみられた勃起を主作用として、
性機能障害治療薬として開発が進められ、
画期的なED治療薬として承認されたのです。

▲Topへ

〈 関連用語 〉

→ 副作用
→ 医薬品の投与と副作用
→ クスリとリスク
→ 医薬品副作用被害救済制度

→ 重篤な副作用 
→ 予測できない副作用 
→ 主作用
→ 有害事象 
→ 重篤な有害事象 

→ 副作用報告制度
→ 緊急安全性情報 
→ 使用上の注意
→ 医薬情報担当者(MR)<副作用報告>

→ 忍容性 
→ 安全性
→ 最大耐性量/最大耐用量(MTD)
→ 最大継続可能量(MRD)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ