<インフォームドコンセントへの偏見>

日本では、治験に関わらず、一般診療において、
インフォームドコンセントに対する反対意見が
一部の医師の間で未だに強く残っています。

非常に興味深いので、紹介しておきましょう。

(1)患者は実は治療上の危険は知りたくない。

(2)説明しても情報を理解できない患者がいる。

(3)患者に自己決定権を与えても、
   結局患者は医師の言うがままに治療を受けるので
   説明自体が無意味である。

(4)患者に与える情報によっては、
   患者がショックを受けて不利益を被る。

(5)インフォームド・コンセントをしていると
   それに要する時間がかかりすぎる。

医師の気持ちも分からなくも無いのですが、
患者とて自分の病気や治療について
知りたい気持ちは強いはずです。

患者を子供扱いせず、
1人の独立した、
自己決定のできる人間として認めていれば、
本当はこのような発言は出てこないはずです。

日本の医師の意識改革は、まだまだだと言えるでしょう。

ただし、インフォームド・コンセントをする際に、
患者が理解しやすいようなツール(説明書やビデオなど)
の開発も同時に必要です。

また、診療に忙しい医師ではなく、
インフォームド・コンセントを専任(中心)で担当する
看護師または薬剤師などを置く工夫も必要だと思います。

→ 医療におけるインフォームドコンセント 
→ パターナリズム

→ インフォームドコンセント発祥の真実
→ ニュルンベルグ網領 
→ ヘルシンキ宣言
→ 患者の権利章典 
→ インフォームドコンセントとは?

→ インフォームドコンセントのGCP上の定義
    (局長通知)

→ インフォームドコンセント 
→ インフォームドコンセント(IC)リンク集
→ 役立つ業界用語:IC 
→ 治験コーディネーター(CRC)

→ 文書同意 
→ 口頭同意 

→ 文書による説明と文書による同意 

▲Topへ

←治験ナビ・フレームトップページ