<インフォームドコンセント発祥の真実>

第2次世界大戦中、
ナチスの医師団が行った非人道的な人体実験
の反省から、戦後、
患者の人権確立を望む声が国際的に出始め、
「インフォームドコンセント」という概念が提唱され、
欧米を中心に確立されて来ました。

これは、確かに事実ではありますが、
それだけでは不十分な認識です。

実は、戦後のアメリカなどで、
医学研究や新薬開発のために
本人の同意のないまま臨床試験が行われていた
のです。
本人の同意が無いのですから、
これぞ、まさしく「人体実験」の典型と言えるでしょう。

結局、民主国家の代表とされる米国でさえ、
このような過ちを犯してきた訳で、
いかに、患者の立場が弱いものであるかを物語っています。

→ ニュルンベルグ網領 
→ ヘルシンキ宣言
→ 患者の権利章典 
→ インフォームドコンセントとは?

→ インフォームドコンセントのGCP上の定義
    (局長通知)

→ インフォームドコンセント(IC)リンク集
→ インフォームドコンセントへの偏見
→ 役立つ業界用語:IC 
→ 治験コーディネーター(CRC)

→ 文書同意 
→ 口頭同意 
→ 文書による説明と文書による同意 
→ インフォームドアセント 

→ 治験の空洞化

→ 医療におけるインフォームドコンセント 
→ パターナリズム

▲Topへ

←治験ナビ・フレームトップページ