健康食品の分類

健康食品の分類を図表にまとめると、
次のようになります。

図表:健康食品の分類

大分類
小分類
取得条件・表示可能情報
保健機能食品

特定保健用
食品 (トクホ)

※形態によらない

商品ごとに
健康への効果を臨床試験によって実証すること
つまり、科学的根拠があることを立証すること
が必要。
効果があることが立証できれば、
トクホマーク、「特定保健用食品」の表示と共に、
健康に対してどのような効果をもっているか
を表示できる。
(1991年7月より導入、 2001年4月より審査開始)

例)花王の「ヘルシア緑茶」(緑茶飲料)、
    同  「健康エコナクッキングオイル」(サラダ油)

可能な表示:
1) 容易に測定可能な体調の指標が
  維持及び改善すること
  例)血圧(血糖値、中性脂肪、コレステロール)を
    正常に保つことを助ける食品です。
  例)血圧(血糖値、中性脂肪、コレステロール)
    が気になる方に。
  例)体脂肪の分解を促進(増加を抑制)する食品

2) 身体生理機能・組織機能を
  良好に維持及び改善すること
  例)便通を良好にする食品です。
  例)カルシウムの吸収(吸着)を高める食品です。

3) 身体の状態を本人が自覚でき、
  「一時的であって、継続的・慢性的でない
   体調の変化」 が改善すること
  例)肉体疲労を感じる方に適した(役立つ)食品

認められない表示:
1) 直接、症状・疾病の改善につながる
  ことを示す体調・指標
  例)高血圧症(高血圧、高脂血症、糖尿病)を
    改善する食品です。

2) 明らかに疾病の改善に関係する
  身体生理機能・組織機能
  例)解毒作用、脂質代謝促進効果のある食品です

3) 科学的根拠や意味が不明確な表示
  例)老化防止に役立つ食品です。
  例)美しくなれる食品です。
  例)血液がサラサラになる食品です。

栄養機能食品

※形態によらない

厚生労働省が機能表示を認める栄養成分を
一定量(下限値〜上限値の間)含有
するなど、
規格基準を満たせば、

個別審査を受けずに、
「栄養機能食品」 の表示と共に、
その栄養成分の機能を表示できる。
(但し、同時に摂取時の注意喚起表示も必要)

なお、その成分は、
あらかじめ、当局から決められた、
12種頬のビタミンと5種類のミネラル
に限定されている。
(2001年4月から導入)

例)ビタミンAを所定の量含有していれば、食品に
  「ビタミンAは、
   皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です」
  と表示できる。

健康補助食品
(JHFA認定マーク)


※カプセル状、錠剤タイプを対象

厚生労働省所管の(財)日本健康・栄養食品協会が、
含有成分の有効性、安全性、製造工程、
パッケージの表示内容などの
規格基準に基づき厳正審査し、
合格したものに、
認定マーク「JHFAPマーク」の表示を認めている。

人での科学的な試験データがなくても
国内・海外文献などのデータを基に、
JHFAマークの認定を受けられる可能性がある。

但し、パッケージ等に
健康機能を表示することは認められない。
一般の食品と同じ位置づけ。
健康食品が氾濫する今日、
お墨付き
をもらうことによって、
信頼感を確保
するために取得する場合が多い。

定義
バランスのとれた食生活が困難な場合に、
不足した栄養成分を補給したり、
健康を維持するために用いられる食品 。
例えば、サプリメントなど。

特別用途食品

※形態によらない

糖尿病などで食事療法を必要とする人や、
健康上、特別な状態にある人向けに
特別に作られた食品

トクホや栄養機能食品と異なり、
一般の健康人を対象とした食品ではない。

「特別用途食品」マークの表示ができる。

例)病院用食品
  (減塩しょうゆ、糖尿病食調整用組合せ食品など)
  乳児用調整用粉乳、高齢者用食品など

上記以外の健康食品 つまり、日本の健康食品のうち、
公のお墨付きが無い健康食品。
これが結構多い。玉石混合状態。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 健康食品

→ トクホ(特定保険用食品)
→ 条件付トクホ(条件付特定保険用食品)

→(財)日本健康・栄養食品協会

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ