クスリとリスク

医薬系の書籍や新聞などでよく取り上げられる、
次のような言葉があります。

「クスリ」を逆さまにすると、「リスク」となる。

英語と日本語、これは、偶然の一致だとは思いますが、
「クスリ」の性格を良く表したブラックジョークだと言えます。
まさに、「クスリ」と「リスク」は表裏一体の関係 なのです。

通常、軽微な疾患(症状)の治療には、
重大な副作用の可能性のある医薬品は用いません。

逆に、非常に致命的な疾患の治療には、
重大な副作用の可能性があっても、
最も治療効果のある医薬品を使います。
まず、その危機的状況を脱することが優先されるからです。

一般に、
治療効果の高いクスリは、副作用のリスク・程度も高い
という悲しい現実があります。

例えば、癌の治療における抗癌剤の投与が挙げられます。
抗癌剤は、癌細胞を殺すと同時に、
正常な細胞までも破壊してしまいます。
それによる副作用の辛さは、
想像を絶しているとさえ言われます。

もちろん、より副作用の少ない抗癌剤の開発が
現在、急ピッチで進められています。

効果の低い薬は安全投与範囲が広く、
効果の高い薬は安全投与範囲が狭い。
※安全投与範囲:副作用が発現せずに効果だけが出る。

日本では、これまで、
主に前者のタイプの薬が使われてきました。
これですと、余り効きはしないのですが、
大きな副作用も出ない。
もともと、改善の見込みが無いような、
痴呆症(脳血管障害、アルツハイマー)などには、
家族の気休めになるし、
病院も儲かるし、
患者の苦痛も無い、
と3拍子揃っているという理由で、
この手の効かない薬がバシバシ処方されていました。

一方、欧米の薬は、非常に良く効く。
その代わり、処方(投与法、投与量)を間違うと、
すぐに副作用が出るという、
リスクと効果の高い後者のタイプの薬が主流でした。

どちらがいいのかという質問に対しては、
明らかに後者であると言えるでしょう。
副作用が出ないように処方する
というのが、
プロフェッショナルな医師の本来の姿であるからです。

しかし、それだけの高度かつテーラーメードな処方が、
日本の3分間診療の現場で、
薬剤の知識が不十分だと言われている医師達によって、
果たしてどこまでできるのか、
非常に疑問です。

▲Topへ

〈 関連用語 〉

→ 副作用
→ 医薬品の投与と副作用
→ 副作用は悪者か?
→ 医薬品副作用被害救済制度

→ 重篤な副作用 
→ 予測できない副作用 
→ 主作用
→ 有害事象 
→ 重篤な有害事象 

→ 副作用報告制度
→ 緊急安全性情報 
→ 使用上の注意
→ 医薬情報担当者(MR)<副作用報告>

→ 忍容性 
→ 安全性
→ 最大耐性量/最大耐用量(MTD)
→ 最大継続可能量(MRD)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ