最大継続可能量(MRD:Maximum Repeatable Dose)

患者が、もっとも長く続けられる投与量のこと。

一般に、癌に対する化学療法では、
抗癌剤を投与した後、
数週間の休薬期間を置いて
患者の状態・体力の回復を待ち、
これを1コースとして「投薬−休薬」を繰り返す
という方法が採用されます。

しかし、
半数以上の患者にグレード3〜4の重い副作用が現れ、
結果として数コース(数カ月)で中断せざるを得ないのが
現状です。

一般に、抗癌剤を高用量で投与するほど
腫瘍の縮小効果も高くなりますが、
同時に副作用も増えます。
そこで、「患者が耐えられる最大量」、すなわち、
最大耐用量(MTD)を求め、
それを抗癌薬の投与量として設定するのが通常です。

しかし、従来のこの「MTDに基づく化学療法」に対して、
腫瘍の増大を抑えながら、あるいは、縮小させながら、
副作用がグレード1〜2の範囲に収まる
つまり、患者が長く続けられる最大の投与量(MRD)
患者毎に設定し、継続投与していく化学療法が、
最近提唱されるようになりました。

最大継続可能量(MRD)は、
患者によって一人一人異なるので、
例えば次のような試行錯誤によって設定されます。
最大耐用量(MTD)の半分程度の量から投与を開始し、
強い副作用が発現すれば減量し、
強い副作用が発現しなければ増量する。
この微妙な医師の「さじ加減」が重要になってきます。

このように、患者ごとに、
有害事象の発現に応じて、
薬剤の投与量を増減し投与を繰り返す化学療法を
テーラード・ドーズ・ケモセラピー
(Tailored Dose Chemotherapy)
と呼びます。

「テーラード・ドーズ・ケモセラピー」によって、
副作用による患者の肉体的負荷の改善
QOL(生活の質)の向上だけでなく、
従来の「MTDに基づく化学療法」と同等以上の
効果(奏効率、生存期間の延長)があった事例も
報告されています。

また、
化学療法中による副作用が
グレード1〜2の範囲内に収まることによって、
通院による治療も可能になるので、
患者のQOL(生活の質)の向上
入院費の削減(本人の負担)、
日本の医療費の削減

にもつながると期待されています。

→ 忍容性 
→ 安全性
→ 最大耐性量/最大耐用量(MTD)

→ 副作用
→ 医薬品の投与と副作用
→ クスリとリスク
→ 副作用は悪者か?
→ 医薬品副作用被害救済制度

→ 重篤な副作用 
→ 予測できない副作用 
→ 主作用
→ 有害事象 
→ 重篤な有害事象 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ