忍容性(Tolerability)

薬物の忍容性とは、
明白な有害作用(副作用)が
被験者にとってどれだけ耐えうるか
の程度
を示します。

認容性 と書く場合もあります。

つまり、薬物の服用によって、
有害作用(副作用)が発生したとしても
(通常は、何らかの有害作用は出るものですが) 、
被験者が十分耐えられる程度であれば、
「忍容性が高い(良い)薬物」であるということになります。

※ well-tolerated 忍容性が良好

逆に、
耐えられない程のひどい有害作用が発生する場合は、
「忍容性が低い薬物」と言われます。

しかし、「忍容性が低い薬物」は、
余程、それが画期的な有効性を持ち、かつ、
他に匹敵するものが無い限り、
医薬品としては余り好ましいものだとは言えません。

「忍容性」という言葉は、
医薬品には、多かれ少なかれ、
有害作用(副作用)がつきものである
という前提
に立っているのです。

ああ、なんて、怖い言葉でしょうね。(泣)

→ 最大耐性量/最大耐用量(MTD)
→ 最大継続可能量(MRD)

→ 安全性

→ 副作用
→ 医薬品の投与と副作用
→ クスリとリスク
→ 副作用は悪者か?
→ 医薬品副作用被害救済制度

→ 重篤な副作用 
→ 予測できない副作用 
→ 主作用
→ 有害事象 
→ 重篤な有害事象 

→ 緊急安全性情報 
→ 医薬情報担当者(MR)<副作用報告>

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ