領域担当制( )

製薬企業において、
疾患領域ごとにMRを配置する方法です。

従来から日本の製薬企業は、
地域ごとにMRを配置する「地域担当制(地域制)」
を採用してきましたが、
ファイザーなど外資企業が、
疾患領域ごとにMRを配置する「領域担当制」
採用し始めてから、
内資でも採用する企業が増えてきました。

→ 地域担当制(エリア担当制)

「領域担当制」では、領域を限定することにより、
MRの専門性を高めることができます。

各社より次々に発売される医薬品に対して、
医師が医療の合い間に
独力で医薬品情報を収集するのは、
ますます難しくなってきており、
MRは今まで以上に高度で専門的な
医薬品と医療の知識が要求されます。

医師に提供する情報の質を向上することが、
売上げ拡大につながる

として、今後も、領域担当制が増えていくと
予想されています。

特に、大学病院や大規模の病院、
医療機関が集中する都市部では、
領域担当制でも十分効率的に運用できるとして、
多くの企業が採用しています。

→ 医薬情報担当者(MR)

▲Top

領域担当制のデメリット

(1)効率性

医療機関が集中する都市部はともかく、
地方では広範囲に医療機関が分布していることもあり、
MR一人で医療機関を周り、
多くの品目(多くの領域)の情報提供をしたほうが
効率的だと指摘されています。

また、開業医(診療所)は、
1箇所当たりの売上げがそれほど高くないので、
やはりMR一人で回ったほうが効率的です

(2)訪問回数

1つ医療機関に対して、
1つの企業のMRが何人も訪問することになるので、
医師は面接する時間と手間がかかります。
その為、歓迎しない医療機関も多いようです。

(3)専門馬鹿

担当外の領域についての問い合わせに
即座に対応できない場合が多い
(当該領域担当者への連絡に手間取る)
として、
歓迎しない医師が多いようです。

→ 地域担当制(エリア担当制)
→ 医薬情報担当者(MR)
→ 医薬品販売業務受託機関(CSO) 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ